糖化工程(Corn Sweetener)のあらまし

ウエットミリングで得られたコーンスターチの60%以上が糖化に利用されています。その主なものは、水あめ(酸糖化、酵素糖化)、ぶどう糖(精製、無水、含水)、オリゴ糖、粉あめ、異性化液糖、果糖などであります。

これらの製品の基本工程は、液化、糖化、活性炭とイオン交換樹脂による精製、濃縮、必要に応じて結晶化、乾燥という工程からなっています。異性化糖の場合には、更にグルコイソメラーゼによる異性化工程が加わります。

異性化糖には、果糖含量42%、55%、90%の3種類があり、JASでは果糖含有率50%未満のものを「ぶどう糖果糖液糖」、果糖含有率50%以上90% 未満のものを「果糖ぶどう糖液糖」、果糖含有率90%以上のものを「高果糖液糖」と規定しています。

 

糖化製品製造工程図

 

 

果糖製品顕微鏡写真 ぶどう糖製品顕微鏡写真





日本スターチ・糖化工業会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-16 細川ビル3階
TEL. 03-3560-5300〜5301 FAX. 03-3560-5302