(1)コーンスターチ
コーンスターチは、長期保存が可能な栄養学的に優れた特性をもつとうもろこしに最も多く含まれているでん粉を分離・乾燥して作られます。でん粉には、じゃがいも、さつまいも、小麦等がありますが、コーンスターチは中でも極めて純度が高く、品質を均一に保てるという大きな特長があります。

コーンスターチは、異性化液糖などの糖化原料およびビール、水産練り製品などの食品用途にとどまらず、ダンボール、製紙、繊維等の工業用途、更には、医薬用途等の幅広い分野で利用されています。

(2)糖化製品
コーンスターチ等の精製でん粉を酸または酵素で加水分解すると、最終的には全てぶどう糖になりますが、加水分解の程度により中間的な糖類の混合物が得られます。これらはその程度により特有の甘味、特長を持っています。
@水飴
水飴には酸糖化水飴、酵素糖化水飴、麦芽の風味を特長とする麦芽飴等があり、更にこれらを粉末乾燥した粉飴があります。

古くから甘味料として利用されてきた水飴は、砂糖に比較しマイルドな甘味と適度な粘性をもつため、菓子などに利用した場合、ボディの形成や味の引き立て役として貴重な素材となっています。そのため用途も多彩で、調味料、製菓、製パン、ジャム、佃煮、漬物、冷菓、餡、醸造用に永年にわたって愛用されています。

Aぶどう糖
水に溶けやすく、砂糖に比べさわやかな甘味で、菓子や甘味料・粉末調味料に使用され、また医薬用として栄養剤、注射用及び醸造用にも使用されています。
B異性化液糖
ぶどう糖を酵素の働きにより果糖に変えて作られます。果糖分42%:ぶどう糖果糖液糖、果糖分52%:果糖ぶどう糖液糖、果糖分:90%:高果糖液糖があり、果糖の強い甘さとぶどう糖のクールな甘さが調和し、また低温で甘味を強く感じさせる性質があるため、砂糖に替わる甘味料として清涼飲料や乳酸菌飲料、冷菓等に使用されています。
C果糖
各種糖類の中で甘味度と溶解度が最も高く、栄養エネルギー源としても優れた特徴を持ち、医薬、健康食品、ソフトドリンク等に使用されています。

異性化液糖に対し甘味が同じ場合、使用量が少なくなる意味で低カロリー甘味料といえます。

(3)副産物
コーンウェットミリングでは、コーンスターチ以外に4種の副産物が生産されます。
@グルテンミール
とうもろこしより分離された蛋白質を主成分とし、栄養的に有用なアミノ酸・ビタミン類・無機塩類などを含んだいわゆるとうもろこし蛋白質です。配合飼料、醸造調味料原料、接着剤等に使用されています。
Aコーンスティープリカー
浸漬工程でとうもろこしから溶出した可溶性成分と乳酸発酵で生成した成分を含む浸漬液を濃縮した液状製品で、大半は栄養成分としてフィードに添加されています。

その他に、全窒素の含有量が高く、またアミノ態窒素が多くビタミン類も多く含まれていることから、抗生物質・酵素類その他の微生物工業や配合飼料等に使用されています。

Bグルテンフィード
とうもろこしより分離された繊維質を主成分に、コーンジャームの搾油粕、コーンスティープリカーを添加し、栄養価を高めた飼料で、配合飼料に使用されています。
Cコーンジャーム
とうもろこしより分離された胚芽を乾燥したものでコーン油の原料になります。これを搾油・精製したコーン油は、有用な脂肪酸類、ビタミン類を豊富に含み、またバランス良く含まれているため、ドレッシング、マヨネーズ、天ぷら等に使用されています。
(4)新しい用途
近年、澱粉を使用した新しい製品としてソルビトール・マルチトール・エリスリトールなどの低甘味料、整腸作用のあるオリゴ糖・食物繊維、臭いや味を包み込むサイクロデキストリンなど”機能性を持った食品素材”がぞくぞくと登場しています。

また、食品分野以外に環境面から澱粉を利用した生分解性プラスチック・緩衝材の開発が進められており、鉢植ポットなどの園芸用、アウトドアーで使用するナイフ、フォーク、スプーン、皿などの一部が商品化され"環境にやさしい素材"としても有望視され、澱粉の利用分野は益々広がっていくと期待されます。

 

 



日本スターチ・糖化工業会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-16 細川ビル3階
TEL. 03-3560-5300〜5301 FAX. 03-3560-5302